« ロンドン旅行記<前半> | トップページ | ロンドン旅行記<最終> »

2007年6月10日 (日)

ロンドン旅行記<後半>

・3日目

ウィンザー城、バース、ストーンヘンジへとまわる1日オプショナルツアーに参加。

ロンドンにあるバッキンガム宮殿はエリザベス女王Ⅱ世が執務を行うための言わば仕事場であるのに対し、ロンドンから1時間ほどの街、ウィンザー(Windsor)にあるウィンザー城は週末を過ごすための「家」、居城だそうだ。

住まいとして以外にも使われているらしいけど。

joeyが見学に行った日は月曜日だったけど、エリザベス女王がいました!

もちろん本人の姿が見れたというわけではないのだが・・・

なぜそれが分かるかと言うと、”旗”で女王陛下がお城にいるかどうかがわかるそうだ。

↓写真はラウンドタワーと言って、女王陛下のプライベートな場所なので立ち入りは許されていないけれど、このてっぺんの旗が女王陛下がいるという印。

P6040222 P6040230 P6040223

で、もしこの旗がユニオンジャックであれば、ここにはいませんということ。

うん、とってもわかりやすい。

次はバース(Bath)。

風呂のバスの語源になったとか言う温泉で有名な街。

P6040241 P6040254

古代温泉施設(↑写真左)とバース寺院(写真右)の見学をした。

最後にストーンヘンジ(Stonehenge)の見学。

ストーンヘンジは世界遺産でありながら、その遺跡の作られた目的が未だ解明されていないと言う不思議なもの。天文台としての役割があったというのが今のところ有力説なのかな??

P6050269 P6050270

この日はロンドン市内は晴天だったけど、片道1~2時間くらいのドライブしてロンドンを離れると、曇っていて肌寒く、いかにもイギリス天気でした。

(つづく・・・4日目はリーズ城、ドーバー、カンタベリーへのオプショナルツアー)

|

« ロンドン旅行記<前半> | トップページ | ロンドン旅行記<最終> »

コメント

うわぁー見所満載の3日目!
ウィンザー城に女王が居る時に、運良く姿を見られる方っていうのもいらっしゃるんでしょうかね?旗が出ててわかりやすいというのにもビックリです!
バース…テレビで見た事あるような気がします♪けどあまり記憶になくって(・ω・;A)アセアセ…(笑
水が溜まっているのは…お湯?水??
ストーンヘンジまで行かれたんですねー!遠かったでしょう??
私も行きたかったけど、時間がなくて見に行けなかった場所です;;
不思議な力が働いてるっていうのは本当なのでしょうか…興味しんしんです♪♪

投稿: モンビッケ | 2007年6月11日 (月) 10時12分

◆モンビッケさん へ

窓際に立ってくれたら女王の姿を外からチラッと窓越しに、なんてすこし期待してましたけど、無理でした。^^;
でも、もしかしたら運良く見られる人もいるのかも?

バースのこの温泉は日本と違ってそれほど熱いお湯では無かったですね・・・
火山性の温泉ではないから硫黄の匂いもしなかったし。

ストーンヘンジは全く不思議です。
周りはタダの丘陵地で、なぁ~んにも無いところに忽然とこの大きな石があって、でも昔の人達はこれが必要だったんだと思うと、全く不思議です。
確かにロンドンからは片道2時間弱くらいかかるので、時間に余裕のある時でないと厳しいみたいですね・・・。このツアーも移動時間が多かったですからね^^;

投稿: joey | 2007年6月11日 (月) 11時23分

イギリス、素敵な建造物がいっぱいですね!!
普段は花や風景ばかり撮る自分ですが、
イギリスに行ったら、建物を撮りたくなりそうですね♪

投稿: mio | 2007年6月17日 (日) 13時44分

◆mioさん へ

でしょ?イギリスって建造物が凄いんですよ。
専門的なことは良く分からないですけど、日本の古い寺社もとても素敵ですが、ヨーロッパのものもまたいいですよね♪柱や天井などの彫刻が細かくて凄かったです。

joeyがイギリスへ行った時期は結構良かったようで、バラはもちろんいろんなお花がたくさん咲いていました。
自然の景色もいいし、建物も素敵だし、イギリスはなかなか良かったですよ。
他にも見所のある国ですので、是非mioさんもイギリス旅行を計画してみてください^^

投稿: joey | 2007年6月20日 (水) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/77881/6734750

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン旅行記<後半>:

« ロンドン旅行記<前半> | トップページ | ロンドン旅行記<最終> »